RILG - 一般財団法人 地方自治研究機構

【シンポジウム】行政ドックを通した分権推進戦略

行政ドックを通した分権推進戦略〜「何となく」から「自信を持って」へ〜

 自治体における行政手続を適法・適正化する実践的な取組について、専門家の知見と自治体による「行政ドック」の取組事例を交えて学びます。
 あなたの自治体の「何となくの仕事」を見直す、最初の一歩にしませんか?

※本セミナーは令和2年度調査研究事業「自治体における行政手続の適法・適正な運用に係る自己診断に関する調査研究」の研究成果をシンポジウムの形で自治体の法務担当の皆様に広くお届けするものです。お申込の方は、報告書も是非ご覧ください。

報告書はこちら


シンポジウム詳細

■日時・場所
令和3年7月17日(土)13:30〜16:50
全国町村会館ホールAとZoom配信
(東京都千代田区永田町1-11-35)
■スケジュール
13:30〜 主催者挨拶
13:35〜 講演「自治体における行政手続の課題と対応」
     講師:上智大学大学院 法科研究科長 北村 喜宣 氏
14:45〜 行政ドックの取組事例紹介
     流山市の事例    弁護士 帖佐直美 氏
              (前流山市政策法務室長)
     那須塩原市の事例  那須塩原市選挙管理委員会主査 蓮實 憲太 氏
              (前那須塩原市総務部総務課)
     豊田市の事例    豊田市議会事務局副局長 都築 和夫 氏
              (前豊田市総務部法務課長)
15:55〜 パネルディスカッション「あなたにもできる!行政ドックの最初の一歩」
     コーディネーター  北村 喜宣 氏
     パネリスト     帖佐 直美 氏 蓮實 憲太 氏 都築 和夫 氏
16:45〜 クロージング
 
■法務担当者の
 こんなお悩みに
・原課の実務、前例踏襲になっていない?
・職員の法務能力向上、今の研修だけで本当に大丈夫?
・日々の実務を自己点検する体制はどのように作れる?

■受講料
1名につき1,500円(税込)
※ご来場の方は現金又は請求書によるお振込み。
※オンラインの方は後日郵送する請求書にてお振込み。
■申込期限
令和3年7月9日(金)
■オンライン受講の
 留意事項
・申込フォームにて「オンライン(Zoom)」を選択してください。
・Zoomによる配信となります。視聴のための端末及び通信回線は受講者の負担となります。
・配信URLは、シンポジウム3日前までに、申込フォームに登録されたメールアドレスあてに送付します。
 あわせて、当日の資料のダウンロードURLを送付します。
■お申込専用フォーム

https://krs.bz/rilg/m/legal_dock
QRコードはこちら
↑QRコードはこちら

チラシも是非ご覧ください!

行政ドックシンポジウムチラシ(表)

行政ドックシンポジウムチラシ(裏)

セミナー・講習会トップに戻る